豆知識ブログ

遮音性フローリング工事とは?

下の階への防音対策として、遮音性フローリング工事という方法があります。
マンションなどの共同住宅においては騒音の問題がどうしても避けられませんが、物音の発生そのものを抑えることが難しくても、下の階に響く音を最小限に食い止めることは可能です。
その方法として最も効果的なのが遮音性フローリング工事です。

 

マンションの内部改修工事やリフォームの際に採用されることの多い工事方法で、その効果の高さからとても評判が良いものとなっています。

 

遮音性フローリング工事で使用するのは防音性能の高いフローリング材です。
それを敷き詰めることによってかなりの音の響きが軽減されます。

 

生活音で最も不快に感じられる衝撃音をやわらげることのできる性能を示した数値に「L値」という指標(遮音等級)があります。
このL値が低ければ低いほど高性能な防音性能がある製品として認められているいうことになります。
なるべく遮音性能が高い材料を使用することが重要です。

 

また施工方法も床にフローリングを直貼りをする方法の他に、吸音性のある緩衝材を敷き詰めるというより防音効果を高める方法があります。

もちろんマンションでの防音対策は、下の階へお住まいの方への気配りが重要です。
快適な生活のためにも、適切な防音工事と気配りのある暮らしを心がけていきましょう。