豆知識ブログ

リフォームで2世帯、3世帯同居をタイプ別に実現

2世帯や3世帯での同居スタイルは3つあると言われています。

1つは必要最低限の所を区切る同居です。

台所や風呂などの水回りやリビングなども一緒に共有し、自室の部屋だけは与えられているというもので、スペースが限られている場合にはこのスタイルが主流となっています。

2つ目に一件の家の中を区切ってそれぞれの違う生活を送る同居があります。

玄関や門、表札が2つある家が見られますが、家を二分し、片側に両親もしくは祖父母を住まわせ、自分たちはもう片方で生活するという方式は、一緒にいる時間を減らせて、互いの干渉が起きないやり方として、一定のスペースが確保されている場合に採用されています。

最後に、共有スペースをつくる同居があります。

台所を1か所にして、そこで料理をし、一緒に食べるなど団らんの時間が設けられる場所を作ることで、同居を円滑に進むようなこともできます。

普段からの距離感、そして関係性を踏まえたうえで、どのスタイルにすべきか決めていきましょう。