豆知識ブログ

ユニットバスのメリットとデメリット

お風呂について考える際、
最近では必ず「ユニットバス」という言葉を聞くようになりました。

そこで今回はユニットバスのメリットとデメリットを紹介します。

まず、ユニットバスについて説明しましょう。

ユニットバスとは、天井、浴槽、床、壁が
工場などで事前に成型されているもののことを言います。

よくお風呂とトイレが一緒なものだと
誤解している方がいらっしゃいますが
ユニットバスという言葉にはそういった意味は含まれません。

ユニットバスのメリットは、コストを抑えられることです。

搬入した後に組み合わせるだけでお風呂場が完成するため
工数も少なく短時間でお安くすむ方法となっています。

反対にデメリットとして挙げられるのはカビが繁殖しやすい点です。

カビキラーを使用する、定期的な掃除を怠らないことが
必要となってきます。

事前にどこかで設計されたものを組み立てるだけなので
大きさに制限がある点も考慮しなければなりません。

以上の点などから
お風呂場に強いこだわりがない方、
コストパフォーマンスを重視する方、
一時的な物件として考えている方には
ユニットバスはおすすめと言えるでしょう。