豆知識ブログ

外壁劣化を見つけるコツとは

外壁は雨や雪、風などから家を守ってくれる大切な存在です。

しかし年がら年中外、天候の影響を直に受けているため時間の経過とともに劣化してくるものです。

そこで今回は外壁劣化を見つけるコツを紹介いたします。

まず、目に見える劣化被害の代表は「クラック」です。

外壁を近くで見てみると、ひびが入っている部分はありませんか。

クラックとは修繕をしなければ
雨水の侵入を許し、
雨漏りの原因になってしまう可能性があるものです。

いつもより少し丁寧に外壁を見ることで見つけられる症状ですので
定期的に確認することをお勧めします。

また、触って分かる劣化現象としては
「チョーキング」が挙げられます。

外壁を触ってみると、手に白い粉がついていませんか。

これは紫外線や雨などの被害による
「経年劣化」の代表的なものです。

こちらの症状も壁を触ることで把握できるので
一度確認することを推奨します。

他にも壁全体が黒ずんでいるとき等は
掃除などをしたほうが良いでしょう。

外壁の劣化は日頃から意識するこで
大惨事になることを未然に防ぐことができます。

こまめに確かめることは
自宅の管理費を抑えることにもつながりますよ。