豆知識ブログ

屋根塗装をするときに押さえるべきこととは?

住宅における屋根の役割とは、マイホーム住宅を太陽光線や雨、風といったさまざまな自然環境の厳しさから守ってくれる大切な構造物であることでしょう。

そのため、自然環境にさらされている屋根材は日々劣化すると考えられるので、見た目の美しさという以前の問題として、屋根材が過度に劣化すると雨漏りの危険性が増してしまうという問題が生じるのです。

そこで、定期的なメンテナンス工事として、屋根の塗装工事というのは、大変に重要な位置を占めるということになるわけです。つまり、屋根の塗装工事をする一番の目的は、何といっても屋根材を劣化から守り、雨漏りを防ぐための防水性能を向上させるということでしょう。

また、最近のように年々暑さが厳しくなる自然環境においては、屋根面から住宅が吸収する熱を出来るだけ遮断するために、塗装する塗料にも遮熱や断熱といった効果を求めるようになっています。

そして、塗料が備えている断熱性能を使って、屋根から屋根裏、住宅の内部などに熱がこもらないようにする意味合いもあります。さらには、屋根には長年の間に汚れがついたり、コケが生えたり、カビが生じる場合もありますので、塗料には抗菌性も求められるようにもなっています。