豆知識ブログ

オープンキッチンの種類

誰もが憧れる、リビングと一体化した広々とした空間で明るいオープンキッチンは、お子様に目が届きやすく、家族とのコミュニケーションがとりやすいというメリットがあり、家事をしながらだんらんができるため、若い人を中心に大変人気があるキッチンプランです。
お客さんが多い家では、開放的なオープンキッチンで料理を作りながら、お客さんをもてなすことができるため、ホームパーティーをしやすいこともメリットのひとつです。

オープンキッチンの種類は主に3つあります。
ペニンシュラ型とアイランド型、I型という種類があります。
どれもリビングと一体化しており、空間を広く使えるという特徴は同じです。
ペニンシュラとは、半島という意味で、その名のとおり、壁から半島のようにキッチンが突き出ている形で、リビングを見渡すことができ、スペースを節約することができるため人気がある形です。
同船を良く考えて効率よく舵ができるような配置にすることが大切です。
アイランド型は、壁とキッチンが接しておらず、島のように独立しているスタイルです。
どちらの側からも回り込むことができるので調理がしやすいというメリットがあり、キッチンが広い場合に人気があるスタイルです。
I型は、壁に向かっているタイプで、広く空間を使うことができる効率の良い形ですが、リビングに対して後ろむきになります。