豆知識ブログ

チョーキング現象とは

チョーキング現象は外壁塗装の劣化を示すサインのひとつであり、その名前の通り塗装面を触った時に手に白い粉が付着する現象のことをさします。

 

塗装の劣化すると様々な症状が現れるのですが、目で見てわかるものであれば塗装面が膨れあがったり退色をする、亀裂が入っているといったものがあげられます。

しかし、劣化の具合というのは見た目だけでわかるものばかりではなくチョーキング現象のように、手で触ってみてわかるものもあるのです。

 

見た目に問題がなさそうであっても触ってみて劣化の症状が現れているという時には、塗り替えの時期が着ているということになるので早めに対処をする必要があります。

 

外壁塗装というのは、外部からの様々な影響から建物を守るという大事な役割を持っているものであるため、劣化をしたまま放置をしていると今度は建物自体が劣化をしてしまうことになります。

 

塗装をし直すというのはそれほど大変な作業ではなく、費用もそこまでかかるわけではありません。

 

塗装工事をすることになった場合、費用が高いと感じるかもしれませんが塗装工事を怠って建物が劣化をしてしまい修繕が必要となった時にはそれ以上の費用が発生してしまうことになるのでチョーキング現象のように劣化の症状が現れたら早めの塗り直しが結果的に安上がりとなるのです。