豆知識ブログ

洗面所の介護リフォームとは

洗面所を介護リフォームする場合に大切なことは動線とスペースを確保することです。

 

介護リフォームなので、利用者が車イスの場合もありますし洗面カウンターの下に足が入るようなスペースがあることが好ましいです。ここにスペースがあることで座った状態で洗面台を利用できることにもなります。同時に洗面所の入り口から手すりを取り付ける必要もあるでしょう。

 

洗面所が脱衣所としても使われる場合は脱衣時に腕を広げても手がぶつからないように広々としたスペースを用意すると良いでしょう。
また、押し戸ではなく引き戸にすることで車イスの方にも開けやすく移動も楽になります。洗面所の中では前後だけでなく左右に動くこともあるので、それを踏まえたスペースをとっておくべきです。

 

そして、座った状態でも衣類の着脱ができるようにイスなどもあれば良いでしょう。収納付きのイスにすれば洗面スペースを最大限に利用できます。

 

洗面台という場所ゆえ、床が濡れてしまう場合もあります。その時に要介護者の方が滑って転けてしまわないように滑りにくい素材を選ぶことも大切です。

 

洗面所の介護リフォームをする際には以上のことが重要だということをしっかりと頭に入れておきましょう。