豆知識ブログ

節電するにはリフォーム

エアコンは電気代の割合を大きく占める大事な要素です。

特に日本の夏は昔に比べて夜になっても気温が下がらず寝苦しく、熱中症の危険もあり、丸一日エアコンをつけっぱなしにしている家庭も多いかと思います。

暑さ寒さの時期にできるだけ外気を家の中に入ってこないようにすることで、夏冬の電気代をコントロールすることが可能です。

外気を遮断するには家の結露、すきまを防ぐ必要があるので、家のリフォーム時が断熱を実行する一番のチャンスです。

リフォームを考えている場合は、私たちはどちらかというと設備や内装などに目がいきがちですが、床下、壁、屋根を断熱することを強くおすすめします。

窓を二重窓にする方法も、外気をシャットアウトするのによい方法です。

断熱に配慮したリフォームの後、部屋の大きさは変わらないのに以前と比べてぐっと電気代が下がり、「こんなことなら早くリフォームしておけばよかった」という感想が数多く聞かれています。