豆知識ブログ

介護リフォームとケアリフォームの違い

高齢者やお身体の不自由な方がご家族にいる場合、暮らしを快適にする為に自宅のリフォームを検討する人が増えています。

 

間取りを改善したり、バリアフリー化を行うことで、より安全に過ごすことが可能となりますが、高齢者やお身体の不自由な方の為のリフォームには、大きく分けて介護リフォームとケアリフォームがあります。

 

介護リフォームとケアリフォームの簡単な違いは、誰の目線でリフォームを行うかという点です。

介護リフォームは介護をする人側の目線に立っているもので、介護をしやすくする為のスペースを確保したり、車椅子の取り回しがしやすいように間取りを改善するなどが、主な目的となっています。

一方、ケアリフォームは本人の自立を目的とするものです。

お身体が不自由な状況であっても、自分だけで安全にトイレや入浴などが行えるように設備を整えることで、自立した生活を送ることができます。

リフォームを行う際には、誰の目線に立つかをしっかりと決めた上で計画を立てましょう。