豆知識ブログ

ヒートショック現象をご存知ですか?

みなさんは、「ヒートショック現象」を具体的にどのような現象かご存知ですか?

これは、特に冬の時期に起こる現象で、
居間は暖かくても浴室は寒いことから温度差で血圧が急上昇してしまう現象のことです。
最悪の場合は死亡してしまうこともあります。

普段から血圧が高くない人でなく、
健康な人でもヒートショックは起きるものなので注意が必要です。

特に高齢者に起こりやすいもので、
なるべく血圧をあげないような工夫をする必要があります。

家族がいる場合、一番最初に風呂に入る人が特に起こりやすいのが特徴で、
裸になって冷えている浴室に入ることで血圧が上がってしまうのです。

ヒートショックを防ぐためには
浴室を暖めておいて居間との温度差を無くすようにしましょう。

温度差が無くなることで血圧の上下が少なくなり、
裸になってもそれほど寒さを感じません。

風呂の中の温度もあまり高いと入ったときに
血圧が急上昇してしまうので、寒いからと言ってあまり湯船の温度を上げすぎない方が良いです。

それらのことを注意してお風呂に入るとヒートショックを防ぐことができます。