豆知識ブログ

エクステリアリフォームとは?(外壁塗装編)

長年家を使っていると様々なところに不具合がきてしまいます。不具合が出てくる場所の一つが外壁です。
外壁は外にあるもので雨、風から住宅を守る役割をしていますが、外壁にダメージが蓄積されてしまいます。
外壁へのダメージはどうしようもなく、ダメージが蓄積されればリフォームする必要があります。

 

エクステリアリフォームは空間や環境をするリフォームになります。
そんなリフォームの一つが外壁塗装で、外壁塗装を行うことによって様々なメリットを得ることができるようになります。

 

まず、外壁自体の素材のバリア機能を果たすことになります。年月とともに塗装は劣化していき、はがれたりひび割れたりしますが、それが悪化していくと下地の外壁まで影響を及ぼします。
それを防ぐことができるようになるのと同時に、景観が良くなるというメリットもあります。

 

外壁の素材によってはリフォームの時期は変わってきます。
使われる外壁塗料は様々なものがあり、フッ素樹脂塗料やウレタン樹脂素材、シリコン樹脂素材、アクリル樹脂素材などがありますが、それぞれ耐久性が異なってきます。
費用だけではなく、塗料の特徴や下地の処理方法、塗り回数などの施工内容も確認してからリフォームすることが大切です。