豆知識ブログ

「外構」と「エクステリア」の違いって何?

エクステリアという言葉は、外構工事を英語にしただけと思われがちですが、このような言葉が生まれてきたのは、時代の流れとともに、お客様と工事業者の間の関係性が変わったきたものがあります。これにより、それぞれの言葉は、現在では違ったものとなってきています。

外構工事というと、従来は隣の家や道路との境界を、敷地全体的に囲むように、ブロックやフェンスを設置するものを意味します。これは、設計を要さないような単純工事であり、デザインよりも境界をはっきりさせるためや、防犯などといった面で設置されるものとなっています。あまりコストをかけずに、できるだけ安く目的を達成するためのものは、外構工事となります。

これに対してエクステリアは、建物の外観や敷地全体をどう美しく見せるか、そのために塀やフェンスをどのようなデザインとしたらよいか、こういったものを業者から提案をもらいながら進めていくものとなってきています。これは、工事を依頼するお客様自体がデザインを重視されるようになってきていることにも由来しています。こういった理由から、従来の外構工事とは違う意味を込めて、エクステリアと呼ぶようになってきたのです。エクステリア業者に相談することで、様々な提案をもらうことができるため、デザイン面とコスト面で自分の理想にあったものをお願いするとよいでしょう。