豆知識ブログ

絶対に、外壁塗装で失敗しない秘訣とは?

一戸建て住宅の外壁塗装の一般的な塗り替えのサイクルは、10年目ごととされています。それは、外壁材などが太陽光線や雨、風といった自然環境によって劣化するおおよその周期だと考えられているためでしょう。

理想的なお気に入りのマイホームは、いつまでも美しく保ち、快適な生活空間としていたいと考える方は、たくさんいるのではないでしょうか。そのためにも、この10年目周期は、塗り替えに大切な決まり事であるといっても過言ではありません。

また、ある程度は美観を損ねたとしても、実際に素材が劣化していないのであれば、塗り替えを10年目ごとにおこなわなくても、特に問題が起こるというわけではありません。

ところが、定期的に外壁などの塗り替えをおこなわないと、確かに素材は劣化し、せっかく良い塗料を選んで塗装メンテナンス工事をおこなっても、塗料が塗膜として外壁材に定着しにくくなる場合があります。

つまり、美観の問題も去ることながら、10年目ごとといった定期的な塗装こそが、住宅の美観を保つと同時に、大切なマイホームを雨漏りなどから守るのです。そして、外壁塗装工事を定期的におこなうということは、マイホームを長期間にわたって維持管理するという意味ですから、けっして疎かには出来ません。