豆知識ブログ

内部塗装で使うオイルステンとは?

オイルステンという注目されている塗装があります。

これは顔料の一種なんですが、初心者にもすごく使いやすいものです。

ペンキと違って浸透して着色するものなので、はけの運びや塗料の伸びが良いのです。

それから、ペンキよりも粘度が低くて水っぽいため、スッと塗ることができます。

浸透するのではけ跡もつきません。

初心者がペンキを塗ると、そうしてもはけ跡がついてしまって仕上がりがきれいになりません。

オイルステンならそういうことはありません。

仕上がりがとてもきれいです。

この塗料はインテリアやウッドデッキなどの内部塗装で使うものです。

それらを上記のようにきれいに塗ることができます。

2度塗りすることもできます。

また塗った後の片付けも手間がかかりません。

これらのことは内部改修工事の際に大きな魅力です。

オイルステンが売っている所についてはホームセンターなどに売っています。

自分でオイルステンを買ってきて内部改修工事することもできるということです。

またその種類もたくさんありますから、どう内部改修工事するかの幅が広いです。

オイルステンの魅力はまだあります。

その価格はそれほど高くありません。

それから長く保存することができます。