豆知識ブログ

トイレのバリアフリーとは?

高齢者や障害を持った方が快適に住むことが出来る住宅にする為に、様々な場所をバリアフリーにすることは、非常に大切なことです。
少しの気配りで、毎日の生活が今よりももっと楽になり、実際に生活する方が生き生きと生活することが出来るようになります。

バリアフリーのリフォームを行う場所でお勧めは、水回りとなります。
水回りは毎日使用する場所ですし、生きていくうえで必要となってくる場所です。
バリアフリーのリフォームを考えているなら、まずは水回りを第一に考えていきましょう。

お勧めの場所は、浴室・キッチン・洗面所・トイレです。
特にトイレは、一日に何度も使用する場所ですし、健康の為にも快適な使用が必要となります。
リフォーム方法は以下の通りです。

まずはトイレの広さを変更します。
車いすでもいく事が出来るように、トイレの坪数を一回り広く取ります。
その時に段差も失くさなくてはいけません。
高齢者や障碍者にとっては、少しの段差も命とりとなります。
転倒を避けるために、段差は失くさなくてはいけません。
更に、てすりも必要となります。
車いすから降りたり、用を足した後、立ちあがる時に手すりがあるのと無いのとでは、全く使いやすさが違ってきます。
このようなリフォームを行う事で、毎日の生活を快適にすることが出来るのです。