豆知識ブログ

再塗装のタイミングとは

最近は、高断熱高気密の住宅のレベルが増し、耐震性などにも優れた住宅が多くなってきているので、大事に使うと昔に比べて劣化が少なく、長く快適に過ごすことができる家が多くなりました。
自分の大切な家を、長い間きれいで長持ちさせるためには、外壁のメンテナンスがおすすめです。

 

外壁は、毎日のように、太陽の光や雨、風など過酷な自然条件にさらされているため、劣化しやすく、放っておくと内部の構造にまで劣化が広がるため、外側をバリアのように守る外壁塗装を定期的に塗り替えることがおすすめです。

外壁の再塗装は、10年を目安に塗り替えると良いと言われていますが、塗料の種類や外的環境によって、劣化の進行度合いには違いがあります。
外壁を良く見て見たときに、髪の毛のような細いひびが入っているクラックは、内部に水分が入り込み、劣化が進みやすくなるサインなので、早めに見つけて再塗装をすることがおすすめです。

 

また、カビや苔が生えている場合は、その部分に湿気がたまりやすく、風通しも悪いということなので、傷みやすい状態です。
クラックやカビ、苔などを見つけたら、再塗装が必要かどうか点検を受けたり、見積もりを取ったりしてタイミングを逃さず早めに対応することが、家を長持ちさせるために大切です。