豆知識ブログ

外壁塗装の劣化症状について

外壁塗装は建物を外部の様々な影響から守ってくれるものですから、劣化症状が見受けられたときにはそのまま放置をしないでできるだけ早い段階で適切な対処をするようにしましょう。

そのため、劣化症状を見落とさないことが重要であり定期的に外壁の状態を確認して、劣化が見受けられないか確認をする必要があります。

劣化症状を示す目安としてはいくつかのものがあり、わかりやすいものとしてはクラックや剥がれと言ったものがあります。

外壁塗装面に亀裂や剥がれがあるというのは一目見て塗装が劣化をしているということがわかりますから、たまに家の周りをぐるりと一周してみてこのような症状があらわれていないかを確認してみると良いでしょう。

触ってわかる劣化の症状というのもあり、チョーキング現象は塗装面を触った時に手に白い粉がつく現象のことをさします。

これは汚れなどが付着をしているのではなく、塗装が劣化をしていることを示したサインとなっていますから見た目に問題がなさそうであっても実は塗装が劣化をしているということがあるのでたまに塗装面を触ってチェックをしてみることも大切です。

定期的に劣化の確認をすることで、早め早めの対処をすることができ建物の寿命をのばすことができます。