豆知識ブログ

クローズドキッチンのメリット

家事をするためにいる時間が長く、家の中でも使用頻度が高いキッチンは、家庭の主婦など、使う人の居心地と使い勝手が良いことがとても大切です。
最近人気のオープンキッチンは、リビングとキッチンが一体化しており、開放感があって家族とのコミュニケーションを取りやすいので、小さな子供がいる家庭に向いています。
オープンキッチンに対して、クローズドキッチンは、リビングから独立しており、キッチンが一部屋になっているもので、部屋として独立していることのメリットがあるため、選ぶ人が多いスタイルです。

クローズドキッチンは、リビングと同じ空間ではなく、部屋のように独立しているため、調理をした時の煙やにおいがリビングに広がりにくいことが大きなメリットです。
調理中の煙やにおいが、クローズドキッチン内にとどまっている間に換気扇から排出されるため、リビングへの影響が少なくなります。
また、収納をたっぷりとりやすいこともメリットで、作り付けの食器棚や使いやすい電化製品用のスペース、床下収納などを効率良く配置することができます。
料理に集中しやすいため、料理が好きな人に好まれるクローズドキッチンは、キッチンに自分のスペースを作って部屋のように使うこともできます。