豆知識ブログ

外壁に潜む雨漏りの原因とは

お気に入りの家を建てたとしても、メンテナンスの仕方が悪かったりすると、問題が発生して快適な暮らしができなくなってしまいますので、十分注意しておく必要があります。

例えば、一戸建てにおいて外壁部分のメンテナンスというのはとても重要です。
これを怠ると雨漏りが起きてしまうこともありますので注意が必要です。

なお、雨漏りの原因となる外壁の状態というのが、ひび割れです。
ひび割れが起きることで、水分が染み込んでいき、雨漏りの原因となってしまうのです。

雨漏りの原因となるのは、ひび割れだけではありません。
外壁の塗装がはがれている場合にも危険ですし、指で触った時に白い粉が付着する現象が起きた場合にも注意が必要です。

こういった劣化した状態を長く放置してしまうと、問題が起こりやすくなりますので、外壁塗装業者に連絡をして見てもらった方が良いものです。

外壁の塗料には耐用年数というものがあり、10年もしない内に(短い場合には5年ぐらいで)劣化してくるものです。
ですから、そういった時期に差し掛かっている時には、普段よりも気にかけてチェックするようにしたいところです。

なお、手抜き工事をされると本来塗料が持っている効果が出ませんから、きちんとした業者に依頼することも大切です。