豆知識ブログ

塗材の種類と耐久年数

塗装替えを依頼する場合、塗材の種類を選択する必要がありますが、耐久年数や費用がわからない場合があります。
塗材にはいくつかの種類があり、値段が高いほど、耐久年数が長くなる傾向にあります。

 

アクリル樹脂は軽微な塗装を行う箇所に用います。
主に雨で濡れない部分に使用し、耐久年数は5年程です。
外壁の塗装替えなど、本格的な塗装にはウレタン樹脂が用いられます。

 

対候性に優れ、費用が安く済むので、利用頻度の高い塗材です。
伸縮性があるので、木部に使用できる点が優れています。
耐久年数は10年程です。

 

さらに耐久性のある塗材にアクリル樹脂があります。
伸縮性は少なく、木部には塗れませんが、モルタル部分や鉄部に塗られます。

 

耐久性、対候性共に高く、優れた性能を持ち、耐久年数は15年程です。
以前は一般的でなかったフッ素樹脂は、現場での施工ができるようになったことで、住宅の外壁にも塗られるようになりました。

 

耐久性が高く、耐久年数は20年を超えます。
一度塗れば、ほとんどメンテナンスの必要がないと言われていますが高額です。

 

良い塗材に性能を十分発揮させるためには下地処理が大切です。
どんなに良い塗料を使っても、下地が悪いとすぐに剥れてしまいます。