豆知識ブログ

水周り設備の耐久年数とは

住まいというのは耐久年数というものがあり、ある程度の期間に達すると傷んでくるものです。
これは、外壁や屋根もそうですが、建物の内部にも言えることで、日々使用していくことで段々劣化が進んで行くものです。

 

例えば、水まわりというのは毎日のように使用する場所ですし、家族全員が使う場所でもありますから、劣化が見られて修理の必要が出てくるのは普通のことです。

 

問題は、何年ぐらいでそういった状態になってしまうかです。
使い方や使用頻度にもよりますから一概には言えませんが、キッチンやトイレというのは、大体10年ぐらい使い続けたら、傷みが見られたり、故障が起きると言われています。
ですから、同じ家に10年ぐらい住み続けているようであれば、もし不具合がなくても、心の準備ぐらいはしておいても良いと言えます。

 

ちなみに、よくある具体的な不具合としては、食器洗浄乾燥機が正常に作動しなくなるといったものがあります。
また、トイレに関しても、ウォシュレットがきちんと機能しなくなるといった不具合も起こりがちです。

 

こういった問題が発生した時には、修理をして使い続けるのも良いですが、交換工事をして省エネタイプの物にチェンジして新たな生活をしていくのも良いものです。