豆知識ブログ

トタン屋根の家が気をつけるべきこと

トタンの屋根は、安価で施工が容易であるというメリットがありますが、金属製であるため、雨が降ると、雨音がうるさくなるだけでなく、サビが生じてしまうという問題点があります。
もちろん、サビを放置しておくと、トタンは腐食し、最後には穴が開いてしまうこともあるため、対策を講じなくてはなりません。

 

もっとも手軽な対策としては、トタンに塗装を施すことです。
ただし、サビが出てから塗装をしても、その部分の腐食は進攻してしまうため、トタン屋根が完成したら、その時点で塗装を施してしまうことが推奨されます。
ただし、早めに塗装をしても、継ぎ目や釘の出ている部分があると、そこから雨水が入り、腐食が始まるため、そのような個所については、事前に補強しておくなどの作業が必要となります。

 

ただし、塗装も次第に劣化して行くため、定期的に再塗装をしないと、塗装をした意味がなくなってしまいます。
基本的には、塗装に色あせが見られたら、再塗装の時期であると言えるでしょう。
ただし、トタンは金属であると言っても、強度はあまり高くないため、上に登って作業をしようとすると、ひびが入ってしまうこともあります。
そのため、自分で塗装をする際には、その点についてよく注意するようにしましょう。