豆知識ブログ

足場が設置してある時に気をつけるべきこと

外壁や屋根の塗装工事を行うにあたって、欠かすことのできないのが足場です。
足場を設置することで、高所での作業を安全に行うことができますが、設置してある期間中には注意しておくべきポイントがあります。

 

足場が設置してある時にまず第一に気をつけるべきこととして挙げられるのが、犯罪への注意を強化することです。
一階に関しては戸締りに細心の注意を払っているものの、2階や3階の戸締りに関しては疎かになりがちという人は少なくありません。

 

しかし、足場が設置されている状況下においては、2階や3階からでも簡単に侵入を許してしまうというリスクがあります。
更に、塗装工事中は塗料の飛散防止シートが貼られ、外から見えにくくなっているケースが多く、空き巣犯罪のターゲットになりやすいという一面もあるので、普段よりも戸締りに気をつけることが大切です。

 

また、2階や3階であっても常に職人が近くで仕事をしている状況である為、プライバシー保護に気をつける必要もあります。
カーテンなどを開けっぱなしにしておくと、住民、職人共に気まずいことになってしまう場合もあるので、見られたくない場合にはカーテンなどをしっかりと閉めておくようにしましょう。